FC2ブログ
    アダルトグッズのNLS
    ↑下着美術館管理人が10年以上も前から自信をもってオススメできるアダルトグッズの通販サイトです。

    累計(2015.08.21より): 現在の閲覧者数:

    記事一覧

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    外部スタイルシートはなるべく使わない

    オーちゃん、元気ですか?

    ページ作りのことを書いても興味のない人は全く興味がないでしょうが、少しだけ書いてみます。

    「スタイルシート」という言葉を聞いたことがあると思います。
    ホームページを自分で作っていたり、ブログのヘビーユーザーであれば、「スタイルシート」はなじみの深いものだと思います。

    「スタイルシート」は、そのページの見栄えをコントロールするプログラムです。
    文字の修飾や行間のコントロールなど、スタイルシートでやれることはとても多いです。

    スタイルシートには、「内部スタイルシート」と「外部スタイルシート」の二種類があります。
    「外部スタイルシート」のファイルの拡張子は「.css」なので、「CSSファイル」と呼ぶこともあります。

    「内部スタイルシート」は、修正する時には全てのページのスタイルシートを手作業で修正しなければならないので非常に面倒なことになります。

    一方、「外部スタイルシート」は何ページでも1つのCSSファイルでコントロールできますので見栄えも統一出来ますし、後で修正する場合は特に楽です。
    そのために、多くの人は「外部スタイルシート」を使うのが普通だと思います。

    下着美術館を作ったときの最初のレンタルサーバーは浜松市の「ドライブ・ネットワーク」という会社のものでした。
    とてもよい会社だったので名前を書かせてもらいましたが、とても親切にしていただいておりました。

    そのとき、下着美術館の最初のときのトップページは「外部スタイルシート」を使っていました。

    下着美術館を開設してから1年ほどたった頃でしょうか、人気が爆発して、アクセスが集中し、夜の10時から11時のゴールデンタイムには非常に重く遅くなりイライラすることもありました。
    要するに契約料金ではいっぱいいっぱいの通信状態だった訳です。

    そんなある日、非常に多くのアクセスがあった日だったと思いますが、トップページの画面が突然「お化け」のようになってしまいました。

    アクセスが多すぎて、下着美術館のトップページが外部スタイルシートを拾えなくなってしまった訳です。
    それは吐き気がするほど醜い画面でした。
    アクセスが多いと外部スタイルシートはダメなんだと思いました。

    それがトラウマになり、それ以来、トップページのようにアクセスが多いページには「外部スタイルシート」は私は使わなくなりました。
    外部スタイルシートは便利ですが、そういうリスクもある訳です。

    そのお化けのような画面を実験的に再現することができます。
    ブラウザがインターネット・イクスプローラーの人なら、
    「ツール」→「インターネットオプション」→「全般」タブの「ユーザー補助」のチェックボックスの上の3つに全部チェックを入れると、スタイルシートが効かないお化けのような画面になります。私はトラウマなので実験するのも嫌ですが興味がある人はやってみてください。元に戻すにはチェックを外せばいいだけです。

    この機能は、視覚障害があるような人には、自分用のスタイルシートを効かせることができるので有効な機能ですが、まあ、普通の人はよっぽど使うことはありませんね。

    image_20150916031917d2e.gif

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント


      ■下着美術館にジャンプする

    プロフィール

    bibility

    Author:bibility
    下着美術館管理人です。
    ブログはほとんどしたことがありませんのでド素人です。
    このブログをどのように使っていくか未定ですが、皆様よろしくお願い致します。
     ※変かも知れませんが日記の書き出しは「オーちゃん元気ですか?」とします。どの記事もリンクフリーです。
    >>>下着美術館

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QR

    リンク

    このブログのどの記事もリンクフリーです。ご自由にリンクしてください。





    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。